結婚式場大全[郡山・須賀川・白河版] » 結婚式の基礎知識 » 結婚式のテーマカラーを決めておく

公開日: |最終更新日時:

結婚式のテーマカラーを決めておく

結婚式でテーマカラーを決めるのは、ドレスやブーケ、招待状、プチギフト、ウェディングアイテムを決める際、統一感を持たせるためにとても便利です。テーマカラーを決めることは、新郎新婦の式をより2人らしい特別なものに仕上げる事にも役立ちます。テーマカラーといっても、色の選択肢は様々で、どのように決めたらいいか迷う人も多いでしょう。ここでは、テーマカラーの決め方をまとめました。

テーマカラーとは

ドレスやブーケ、招待状に席次表、会場を飾る花やウェルカムボードなど、色を使うシーンは結婚式の中では特に多くあります。そんな結婚式で使う色は、一つずつバラバラに決めるより、テーマを決めておくことがおすすめです。決め方は、2人が好きな色、思い出の色、結婚式をどんな印象にしたいのか、などさまざま。どんな選び方だとしても、テーマカラーを決めておくと、よりお二人らしい結婚式になるでしょう。テーマカラーをプチギフトまで統一すれば、結婚式が終わってもゲストが余韻を感じることができます。自分たちが好きなスタイルの色からテーマカラーを決めるのも人気です。最近では、色にメッセージ性を持たせて、感謝などを伝えられるようにコーディネートしていく結婚式も増えています。

結婚式に統一感を持たせるために必要

結婚式は、準備をはじめてから挙げるまでの期間が長く、ドレスやブーケなど用意する様々なアイテムを決めるタイミングもバラバラです。テーマがなくその時々で決めていると全体の色が統一しにくくなりがちです。統一感を持たせるためには、最初からテーマカラーを決めるのがおすすめ。テーマカラーを最初から決める事で、選ぶアイテムを厳選することができ、より洗練された式になります。全体イメージを把握しやすいので、準備も楽です。テーマカラーを決めておくと、相性のいい色を差し色にしておしゃれ度をアップするなど、洗練された中にもちょっとした遊び心を加える余裕もできるでしょう。テーマカラーによって式の印象もかなり変わります。ぜひ新郎新婦らしい色でまとめてみてください。

テーマカラーを決めるポイント

テーマカラーを決めるポイントは、色を欲張らないことです。多くても2色+差し色の3色。統一することで、全体の印象がスッキリします。また、淡い色同士を合わせたりビビット系の色を合わせたりとトーンを合わせることでも、統一感が生まれやすいです。淡い色の組み合わせは、上品な色使いになります。では、どんな色に統一すればいいでしょうか?てーかカラーの決め方のポイントを紹介します。

ドレスに合わせる

結婚式の主役である花嫁のドレスにテーマカラーを合わせると、ドレスを着た花嫁の美しさがより引き立ちます。青色をテーマにしているのなら、同系色である水色やネイビーといったカラードレスを式場の雰囲気と合わせることで統一感も生まれるでしょう。ドレスの色で花嫁の印象もかなり変化します。ブルーやパープル、グリーンはシックな印象になり大人っぽさや見る人の心を癒す効果も。可愛らしいピンクや赤は、目を引く色なので式全体の雰囲気をより華やかにします。

会場の雰囲気に合わせる

会場の雰囲気や照明の色、昼か夜かによっても印象は違います。クラシカルなイメージのある教会やホテルでは、パープルやネイビー、ゴールドなど落ち着いたシックなテーマカラーが人気です。日光が降降り注ぐガーデンパーティーの会場では、大人可愛い印象を与えてくれる柔らかいピンクや水色などのパステルカラー、日光と相性の良いグリーンなどがテーマカラーとして人気があります。リゾート地での結婚式では、にぎやかで太陽や夕陽を連想させる黄色やオレンジが雰囲気に仕上げるのもいいでしょう。

新郎新婦の決めたテーマに合わせる

新郎新婦の決めたテーマに沿ったテーマカラーを決めるのもおすすめです。例えば、新郎新婦が中国出身の場合は、中国での結婚式には欠かせない祝いの色である赤をテーマカラーに、グアムが好きだという新郎新婦はグアムの空や海、砂浜を連想させる水色と白をテーマカラーにするなどです。ファッションを好む新郎新婦は、可愛さよりもゴシックを前面に出したシックな黒と赤をテーマカラーにして、会場とドレス、小物を彩りお洒落かつクールさを演出するのもいいでしょう。

季節に合わせる

季節を連想させるテーマカラーで統一すると、ぐっと季節感がでます。例えば、春であれば桜をイメージした淡いピンクと若葉のような黄緑色、夏ならヒマワリをイメージしたイエローや海の青や水色、秋ならアンティークな茶色やボルドー、冬ならクリスマスや雪を連想させるホワイトやゴールド、赤などです。組み合わせる小物の色もテーマカラーで統一することによって、より特別な印象が残ります。梅雨の季節なら、アジサイのような淡い青紫色をテーマカラーにすることで、あいにく結婚式に雨が降ったとしても、むしろそれも演出のひとつとして楽しめそうです。

伝統やしきたりに合わせる

テーマカラーは、伝統やしきたりに合わせるのもおすすめです。4つに因んだ「何か」を身に着けることで花嫁は幸せになれる「サムシングフォー」は、欧米の結婚式で深く根付いている伝統的なジンクスです。元はマザーグースの一説に因んだジンクスですが、今でもイギリス王室のウェディングにも取り入れられています。サムシングフォーとは、「何か古いもの」「何か新しいもの」「何か借りたもの」そして「何か青いもの」です。青は聖母マリアを象徴する色であり、花嫁の純潔や貞節を意味します。

カラー別!それぞれの持つ印象を解説

私たち人間は、パッと目に入った色を自分の身近なものと結び付けて感じ取ろうとします。色にはそれぞれ印象があり、色の違いで全く異なる印象を人の感情に与えることが可能です。色の印象を知る事は、結婚式のテーマカラーを決めるのにも役立ちます。ここでは、どんな色がどのような印象をもたらすかまとめました。

癒しと落ち着きを演出するグリーン

数多くの色の中でも、多くの人が目にすることで癒し効果が発揮されるのがグリーンです。大自然を象徴する色であり、人間の目にも優しく落ち着く色でもあります。グリーンと一言で言ってもその濃淡は幅広く、若葉のような若々しいグリーンは目にも鮮やかな明るい印象を与え、青がわずかに混じったグリーンは上品さを持ち、深い森を彷彿とさせる深いグリーンはシックな印象を人に与えます。緊張をほぐす効果もあり、テーマカラーをボタニカルでシンプルなものにしたい方に人気のあるカラーです。

ハッピーな印象のイエロー

色の中で最も明るいイエローは、元気とハッピーな気持ちにさせてくれる印象の色です。光そのものを象徴するため見ているだけで楽しい気分にさせてくれるイエローは、ビタミンカラーなため行動的かつ活力にあふれエネルギッシュな印象もあります。黄色い声援と表現するように聴覚との関係も深いイエローは、健康も連想させる色です。薄いイエローは弾けるような元気さと幸せを、濃さが増していくと落ち着きや大人っぽさといったシックな面も演出できる色でもあります。

ぬくもりのある印象のオレンジ

太陽の温かさを連想させるオレンジは、温もりと安心感を与えるカラーです。人間はオレンジを始めとする暖色系の色に囲まれた時、体感温度が寒色系の色の時と比べて最大3度上昇するとされています。果物をはじめとする自然の食べ物でも多い色なので、見ているだけでも消化作用を刺激し、食欲を増す効果もある色です。また自律神経を落ち着かせる効果もあるので癒しの効果もあります。濃いオレンジは落ち着いた印象を与え、アンティーク調のくすんだオレンジになると組み合わせる色次第でシックで大人っぽい色合いにもなる変化の幅が大きな色です。

華やかなレッド

華やかさの代名詞とも言うべき赤は、ぱっと見でも目を引く色です。数多く色の中でも強烈なので、人々の記憶にも残りやすい色とも言えます。パワフルなだけでなく情熱的な色でもある赤。派手さだけでなく、赤飯や水引の色などでめでたい色としても知られています。中国でも縁起が良い色として花嫁の着る伝統的なドレスでも使われる色です。重くなりがちな色でもあるので、コーディネートする時は差し色として使うのもいいでしょう。赤だけで統一しても、周囲がパッと明るくなる色でもあります。色の使い方次第ではゴシックな印象にもなります。

キュートで女性らしいピンク

可愛らしい印象で女性らしさも演出できるピンク。可憐さや幸福感も演出できる色です。緊張を和らげる効果があり、柔らかさや安らぎ、満ち足りた気分を与え、癒し効果もあります。女性の中では好き嫌いが分かれる色ですが日本人の肌に色に馴染みやすいため、ドレスで切ると、実は似合うことも多い色です。赤みの強いピンク、ブルーベースのピンクなど、色のトーンが様々なので、自分に似合う色を探してみるのも楽しいのではないでしょうか。そして、意外かもしれませんが、男性にも似合います。淡いピンクは若々しさを、濃い色やくすんだピンクは大人っぽさやシックな印象を与えてくれるでしょう。

気品漂うラベンダー

気品漂うシャープな色合いのラベンダーは、クールで大人っぽい印象が強い色です。薄い青紫色の代表格であるラベンダーは、芸術性も高い印象があります。もともと植物の色からきているため自然由来のボタニカルな印象も強いでしょう。情熱的な印象の赤と冷静な印象のブルー、正反対の色が混ぜ合っているため意外性のある色でもあります。上品で高貴な雰囲気を感じさせるため、優雅さや神秘的な印象も与える色です。紫のような濃さはないラベンダーは、その明るさから癒しの効果もあり、また繊細さも併せ持っています。

永遠のテーマカラー 純粋のホワイト

花嫁の純潔を意味し、「あなた色に染まる」「どんな色にも染まることができる」という意味で白は結婚式を挙げる際の永遠のテーマカラーです。無垢で清廉なイメージから世界中で人気が高い色でもあり、純粋さや汚れのない清らかさのイメージが強い色でもあります。マイナスな面はほとんどなく、軽めの色のため様々な色との相性がいいです。他の色を明るく見せるだけでなく、使う範囲によってその印象をがらりと変えるため色々な表情を見せてくれます。また、顔色を明るくしてくすみを目立たなくしてくれる効果も見逃せません。

神聖なイメージのブルー

聖母マリアの色でもある青は、神聖なイメージのある色です。青を身に着けた花嫁は一生幸せになれるという欧米諸国のジンクス「サムシングフォー」の1つ「サムシングブルー」としても知られています。結婚式の際、差し色で何か青いものがあるとそれだけで目を引く色でしょう。寒色系で爽やかかつクールな印象になる青は、最もなじみ深い環境色であることから人を肯定的にし、冷静さや涼しさ、誠実さをイメージさせる色でもあります。空や海の色でもあるため、人が飽きにくく全体的に大人っぽい印象も与える色です。

元気をくれるパステルカラー

淡い色で可愛らしい印象もあるパステルカラーは、元気をくれる色です。淡く明るいピンクや水色が、フェミニンな印象を与え全体的にふわふわとした可憐で優しい印象を与えます。透き通るような繊細な色が多いのが特徴的。明るいパステルカラーでまとめると華やかさが生まれ、元気が出ます。可愛らしさの中にも大人っぽさやシックな印象があるため、甘くなりすぎることもありません。ライラックカラーなどもパステルカラーの代表的な色です。結婚式で使うと、初々しさや若々しさが引き立つでしょう。ゲストも元気な気分になれます。

マミ・ユミからひとこととして

img01

マミ

結婚式だと白かパステルカラーってイメージがあったけど、色にもこんなに種類があるのね。あんまり地味な色より、少し華やかなくらいの方がゲストも明るくなれて退屈せずいいかも…。

img01

ユミ

自分たちの好きな色もいいけど、ゲストの好みも考えて落ち着くテーマカラーにするのも良さそうね。先にカラーを決めると、結婚式のイメージが明確になっていいわ。式場の床や壁の色もあるから、自分たちのテーマカラーに合うかどうかも式場選びのポイントになりそう。

とことんこだわれる_おすすめ結婚式場in郡山・須賀川・白河