結婚式場大全[郡山・須賀川・白河版] » 結婚式の基礎知識 » 結婚式のテーマを決めておく

公開日: |最終更新日時:

結婚式のテーマを決めておく

結婚式は、テーマを決めることで、理想の式のスタイルがはっきりして準備がしやすくなります。ひとつのテーマに沿った演出は、式場の内装や照明、衣装、料理などに統一感を持たせ、ゲストの心にも響くことでしょう。新たな門出を踏み出す結婚式を素敵なものにするためにも、ぜひテーマを決めてください。ここでは、テーマの決め方を紹介します。

結婚式にテーマをもつメリットって?

結婚式は開催にいたるまでに、多くの準備が必要です。披露宴会場選びや招待状、ドレス、ブーケなど。ひとつずつをその都度、二人の好みで決めていくと、全体としてチグハグな印象になってしまうことも。テーマを決めると全体に統一感が出るというメリットがあります。テーマを決めることで、新郎新婦らしいオリジナリティあふれる式になるでしょう。統一された世界観は、ゲストの満足にもつながります。結婚式で準備するひとつひとつにたくさんの選択肢があって目移りしてしまい、なかなか決められないかもしれません。事前にテーマを決めることで、そのテーマに沿ったデザインに選択肢が絞られ、決めやすくなります。準備がとても楽になる上に、見た目の印象もいいので、ぜひテーマを決めて準備しましょう。

結婚式のテーマを決める方法(アイデア)

結婚式のテーマは、新郎新婦の共通の趣味、イメージカラー、好きな国や食べ物、自然や思い出のあるイベントなど様々なことを連想しながら決めていきます。新郎新婦が自分たちらしい式にするために、お互いの共通点やイメージを話すことが大切です。

「色」から決める

テーマの決め方のひとつは「色」です。多くの招待客に対して挨拶の場でもある結婚式のテーマを「色」にすると、その選んだ色によって印象が大きく変わります。選ぶ色は、新郎新婦が好きな色や趣味を連想する色、2人に似合う色、招待客がどんな印象を受けるかなどを考えて選ぶのがおすすめです。例えば、キャンプやアウトドアが趣味ならグリーンやブルーなど大自然を連想する色などが挙げられます。人は色を見ると身近なものを連想するそうです。自分たちが好きな色をテーマにする場合は、ゲストにどんな印象を与えるのかを考えてみてください。華やかな雰囲気やシックな雰囲気にしたい時にも色をベースにするといいでしょう。

「季節」から決める

「季節」も結婚式のテーマの切り口のひとつです。季節を結婚式のテーマにする場合は、春なら桜や夏なら七夕、秋は紅葉やハロウィン、冬はクリスマスなどがあります。七夕がテーマなら、星や天の川に見立てた飾りをあしらったウェルカムボードや装飾などが楽しめます。花嫁が織姫を連想させる和服風にアレンジされたドレスなどを着るという演出もゲストを楽しませてくれることでしょう。式を挙げる季節に合わせたテーマなら季節感を出せます。桜やヒマワリ、萩など季節の花を飾っても季節を演出可能。冬はキャンドルやクリスマスツリーで統一するとクリスマスらしいお洒落な雰囲気になります。

「自然」から決める

植物や花、動物、月、星といった「自然」も結婚式のテーマにできます。飾る植物を、色味の強い花は少なくして緑を中心に配置するとボタニカルな印象で全体的にシンプルにまとめられます。式場の装飾以外にも、席次表や招待状に植物が描かれているものを用意することも可能です。また、動物では、その動物にまつわる意味を込めてシンボルマークとして活用できます。「苦労が少ないように」との意味を込めたフクロウや「子宝に恵まれる」「子孫繁栄のシンボル」としてウサギ、「幸運のマーク」でもあるてんとう虫、「変化と喜びの象徴」として蝶など。心惹かれる植物や動物に意味を込めて演出すると、そのストーリーも楽しんでもらえるでしょう。新郎新婦の出身地が海に近いことから、拾った貝殻で会場を飾り付ける新郎新婦もいます。

「趣味」から決める

結婚式のテーマを新郎新婦の趣味にするのも人気です。主に、2人の共通の趣味や好きなアーティストの曲、映画を連想させる飾り付けが施されます。好きなアーティストのメドレーをBGMとして流したり、音符がデザインされた招待状や席次表を用意したりするのもいいでしょう。旅行が好きならエアーメールやトラベルステッカーをモチーフにしたり、スポーツならユニフォームやスポーツで使う道具をモチーフにしたアイテムを取り入れたり、映画を彷彿とさせる小物を用意したりすることも可能です。趣味が映画なら、シーンを再現した演出をすれば、招待客と一緒に楽しめます。

「食べ物・飲み物」から決める

少し以外な切り口かもしれませんが、食べ物や飲み物というテーマもひとつの選択肢です。新郎新婦の好きな食べ物、出身地の特産品などを使えば、招待客も美味しい料理を楽しむことができます。その土地の伝統的な料理や習慣を取り入れても素敵な演出となるでしょう。また、新郎新婦の実家の稼業で農作物を栽培しているのなら、料理や引き出物として提供することができます。2人ともワインが好きなら、厳選したワインと合う料理を取り入れることも可能です。イタリアやハワイ、フランスなど旅行先で舌鼓を打った2人の思い出の料理でもてなすこともできるため、「食べ物・飲み物」は、結婚式に取り入れやすく人気のテーマです。

「テイスト」から決める

新郎新婦の好みの「テイスト」でテーマを決める事もできます。アンティークなアイテムとドレスを組み合わせ、金と黒を基調にエレガントで格式高い印象になるヨーロピアンスタイル、ビールや料理を各自自由に取りに行くビュッフェ形式にすることで全員の距離が近く話も弾むアットホームなテイストなどが人気です。和テイストの雰囲気を楽しみたい新郎新婦は、デザートを和菓子にして装飾も和モダンな花や着物で統一しても楽しめます。白とピンクのカラーで統一すると、大人可愛いテイストを楽しめるでしょう。シンプルな装飾で植物をアクセントにしたナチュラルなテイストも人気です。テイストでテーマを決めると、洗練された印象になるでしょう。

マミ・ユミからひとこととして

img01

マミ

私はシンプルな式にしたからテーマは自然と揃って楽だったと思うわ。でも、途中で迷い始めると大変なのよね。

img01

ユミ

「これも素敵」「あれもいい」と言っていたら、何をしたいのか分からなくなってきたわ。好みのテーマが演出できるかは式場によっても違うから、テーマを決めて式場を選ぶが、選んだ式場でできる中からテーマを選ぶかをふたりで決めるといいわね。

とことんこだわれる_おすすめ結婚式場in郡山・須賀川・白河